私は夫がいない時に無修正のオナニー動画を見るのが密かな楽しみになっていました。別に夫とご無沙汰というわけではありませんが、無修正のオナニー動画を見て自分でやると潮も出してしまうくらいイッてしまいます。いつも窓を閉めて音も大きな音で聴いて感じながら1人でやる。ところが私はあるミスをしました。それは窓を1つ閉め忘れた状態で聴いたせいか家の近くを散歩していた老人に聞かれてしまったのです。それに気づいた時は老人は立ち止まってしまい私と目を合わせてしまい私は恥ずかしなり急いで窓を閉めてしばらくは動けませんでした。
動画のオナニーもの
しかし、それからもその老人は私がオナ二ーをやりそうな時間に何度も家の周りを散歩するようになりました。最初は恥ずかしくてしばらくやめていましたが、だんだん開き直ってしまい老人が来そうな時に窓を開けて音はイヤホンだけど少し私のオナニーする姿を見せるようになりました。そのせいかより濡れてしまう私。もっと近くで見られたいと思ってしまい、別の日に老人に話しかけ家に入りませんかと誘ってしまいました。そして、この事を誰かに言ってるのか聞くと話してない。密かな老人の楽しみと言っていたので窓は閉めて老人の目の前でやりました。「触りたいですか。」「はい。」もうそれからは老人はアソコは勃たないけれど私の体を舐めたり触ったり好き放題に楽しんでいました。私も不思議と夫や1人でやるより感じてしまいました。そして今では年金が入る日にお小遣いをくれるようになりました。
センズリ鑑賞
オナ電
友達に教える
新規HP HP編集
無料ホームページ
mKeitai

出会い系
AX